お知らせ

HOME > お知らせ > 診察室では伝えきれないこと Vol.11~1月号~

診察室では伝えきれないこと Vol.11~1月号~

こちらも大好評!

愛媛経済レポートに掲載のコラム

~診察室で伝えきれないこと~

第11回目となる記事が出ています。

今回の記事はこちら

経済レポート1月経済レポートH28.1月

診察室で伝えきれないこと vol.11

「番外編:だしについて(後編)」


 前回に引き続いて、今回は

「天然のだしであるいりこ」

について詳しく聞いてみたいと思います。

(文中:佐藤哲大…佐、石丸祥久…石)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

佐:前回のお話では、天然素材でだしをとることの簡便さ、そして身体にいいということを伺いました。今回はその中でもいりこについて詳しく聞かせてください。

石:いりこは、生のカタクチイワシを鍋で茹でて、その後干したものになります。大きなものから、大羽、中羽、小羽と呼ばれており、実はしらすやちりめんも同じ魚種からできるものになります。サイズや産地によっても出るだしの味は違いますが、そのあたりは松山市問屋町にある店舗スタッフに相談していただければと思います。

佐:そうなんですね。少し気になったことがあるのですが、いりこの中でも『瀬戸内いりこ』だけブランドが独立してますよね?何か特別な理由があるのでしょうか?

石:多くの売り場ではいりこの産地表記は大きく「国内産」と「瀬戸内海産」に分けられています。瀬戸内海産のいりこは一般的に価格が少し高いのですが、その理由はだしが出やすく、苦味も少ないからです。深みがありつつも主張しすぎないので、うどんから煮物まで何にでも使えるだしになります。使う量も少なくて済むので、良いいりこを使う方がお買い得になることが多いです。また、だしを取った後のいりこは、天ぷらやかき揚げにするなど2次利用もできます。最近ではそのままペットのおやつにしてあげる方も多いそうです。

佐:愛媛県で瀬戸内海の恵みをうける私たちにとっては、すごく嬉しく誇らしい気持ちになりますね。

石:県外では非常に高価な瀬戸内のいりこですが、地元では安く手に入ります(笑)。

佐:やっぱり恵みを受けていますね(笑)。

『だしといりこ』

について最後!一言お願いします。

石:実は簡単なのに、いりこでだしを取れると、料理上手でこだわりのある方に見られます。是非お試しください。


確かに、いりこでだしを取ると聞いただけで、料理上手な感じがしますよね。

 今回は番外編ということで、(前編)(後編)の2回に分け、石丸弥蔵商店の石丸祥久さんとの対談を掲載しました。

次回はどんな内容になるのでしょうか?

来月号もお楽しみに…

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科:埜下

NOEL CLINIC