お知らせ

HOME > 活動報告・メディア掲載

カテゴリー別アーカイブ: 活動報告・メディア掲載

診察室では伝えきれないこと Vol.27~6月号~

歯周病は細菌が原因と分かったのはいつ頃?

歯周病の原因/愛媛経済レポート
生活習慣病予防、

歯周病予防、虫歯予防・・・広義の意味で、いわゆる「予防医療」に取り組む医院がとても増えました。国としての政策もそうです。もちろん歯科医院も、ノエルクリニック(当院)もです。今でこそ歯周病、歯肉炎は細菌が起こすもの、そしてお口の中のメンテナンスがいかに大事か!と偉そうに(私も含め)歯科関係者は言っていますが、果たしてそれはいつ分かったのか?実はたったの50年前(1965年の論文)なのです。今回のコラムではその経緯を詳しく、誰よりもわかりやすく?800文字程度で!まとめれれば良いな・・・と思っております。
それでは以下詳しく見ていきましょう。

むかーしむかし、Loe先生

という方がいました。(以下Dr.Loe)1965年Dr.Loeは歯磨きと歯肉炎(歯周病の前段階と思って下さい)の関連性についてある実験を行いました。12人の学生を集めて「よし君たち!歯ブラシをはじめ口腔内をキレイにする行為を当分の間は一切行わないように!いいか!もし磨いたら落第だぞ!(太字はフィクションです)」という指示を出しました。まるで拷問です。10~21日後Dr.Loeが学生たちの口の中を調べてみると、全員見事に歯肉炎を発症。そして歯肉炎を確認したのち、歯磨きを再開したところ2~3日で全員元の健康な歯肉に戻ったそうです。めでたしめでたし。

こんな簡単なことが?

と思われるかもしれません。しかし、歯周病を勉強するにあたり、第一回目で必ずと言っていいほどこの論文が引用されます。それは「プラークの付着が歯肉炎の原因であること」と「歯肉炎の治療にはブラッシングが効果的であること」を証明しているからです。
しつこいようですが、歯周治療の一丁目一番地は「プラークコントロール」。細かい薬の種類や治療方法はハッキリ言ってしまえばどうでもいいのです、きっと。


ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.28~7月号~

インプラントと豊洲移転問題

歯科治療/インプラント/豊洲問題/愛媛経済レポート

失った歯をもう一度!

そして噛める喜びを!みなさんも一度は耳にしたことあるかもしれない「インプラント」という言葉。実はインプラントには様々なメーカーがあり100種類以上あります。そんなに?!と思うかもしれません。それぞれのメーカーに特性があり、歯科医師は自分の診療スタイルや求めるものに見合う(マッチする)システムを医院に組み入れています。かくいう私も1メーカーをずっと愛用していますが、歯科の技術的な進歩は凄まじく、「より安全に」「より結果がよく」「より患者様の負担が少ない」システムへとどんどん変貌しています。先日、東京での学会でこのメーカーのシステムが一新されました。いい意味でも悪い意味でも泣きたい。

 インプラントは外科処置の一つであり、

過去に大きく負の部分が取り上げられたため患者様からも不安の声をいただくことが多いです・・・が、ここで一言。
「インプラント治療は正しく理解すれば素晴らしい治療法です」
理由は800文字では説明できませんが、それには科学的根拠があるからです。
今、ワイドショーを賑わす豊洲移転問題。「安全と安心を混同してはいけない」と言い放った石原慎太郎元東京都知事の発言、私は石原支持者ではありませんが「非常に正しい発言」だと感じました。時を同じくして「豊洲は安全だが安心がない」と発言する現東京都知事・・・目に見えている築地は安心ということなのか?人間、科学的な根拠と安心は少し離れたところにある。このワイドショー(劇場)をみていると医療にも少し重なるところがある気がします。

 科学に基づき正しい理解をしていただき、

そして正しい選択を患者様と共に。インプラント治療が全て正しいとは全く思いませんが、適応をきちんと選べば素晴らしい治療法には変わりありません。正しいことをしっかり伝える・・・このコラムの役割の一つもそこにあり、そうなればいいな・・・と願い自分を戒め、締めさせていただきます。


ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

Komachi 5月号

やっと春らしくなり、早4月も終わろうとしています。
みなさん komaci 5月号 ご覧いただけたでしょうか?
5月号は、
大人女性の歯&口の悩みに答える!こまちデンタルクリニック
第3弾

”キレイな女は 歯が命”

に、ノエルクリニックの先生が答えてます!!
今回テーマ

   「定期健診」について

歯の定期健診/えひめこまち

歯の定期健診で口の中のリスク管理をしっかりとしましょう!

痛みが無くても、定期的な検診を行うことで、自分自身の今の口の中の状況を把握することが大切。メンテナンスを継続していくことは、失う歯の数、虫歯の発生数を減らし、これからどんなリスクが待ち受けているかを知ることができる。歯の健康状態を維持するために、その人にあった治療や予防策で、口の中のリスク管理をしっかりとしていこう!

定期健診のメリットは?

時系列で変化を確認できる
定期的な歯科受診によりレントゲンや口腔内写真、検査データなど患者の状態を時系列で把握することが可能。これにより、患者一人ひとりに合わせてのむし歯、歯周病のリスク管理ができる。

むし歯や歯周病が「勝手に治った」ということはなく、
それは「症状が隠れているだけ」なので注意を!

Advice 1

オーダーメイドの策で予防もバッチリ!ドクターと相談し的確なアドバイスをもらって予防しよう!歯磨きには、歯ブラシはもちろん、フロスや歯間ブラシなどを箇所によって使いわけてみて。

Question 1

痛みがなくても定期的にクリーニングに行くべき?

スウェーデンで発表された予防歯科に関する有名な論文では、しっかりとしたメンテナンス下での30年間のむし歯発生の平均本数は、なんと1.2~2.1本だそう。しかも約80%は、以前にむし歯治療を行った部位の二次的なむし歯とのこと。

↓↓
つまり・・・定期的なメンテナンスを続ければ、新たなむし歯の発生は、かなりおさえられる!

Question 2

定期健診の期間は?

患者のリスクに合わせた期間に設定すればOK。歯並びも、歯磨きの上手さも、生活習慣も、人それぞれ。そのため、治療も定期健診の期間も基本的にはオーダーメイドであるべき。

↓↓
1年に2回はしっかりとしたチェックアップをするのがおすすめ!

大切な人を“紹介したい”と思える診療を目指して

「快適な場所で、質の高い医療を受けられる環境をつくりたい」という想いのもと誕生した地域密着型のクリニック。一般保険診療・インプラント・矯正・噛み合わせ・審美・予防を踏まえたバランスの取れた治療で、歯と口の健康を改善してくれる。

 ぜひ、Komachi 5月号、ご覧ください!

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科:Y

診察室では伝えきれないこと Vol.26~5月号~

脳の中の小人(ホムンクルス)

脳の中の小人(ホムンクルス)/愛媛経済レポート

桜前線が通過しました。

とあるアメリカ人は言います。「日本人って税金投入して気象予報に桜の開花予想入れてるのかい!」日本人はこう返すでしょう。「知らないのね、日本中にある桜(ソメイヨシノ)は一本から始まったクローン、遺伝子が一緒のため一斉に咲くのです。桜は世界にも類をみない気象レーダー」。
一人では増えることができず日本人との共存を選んだ桜(ソメイヨシノ)、そして日本人はこの季節が大好きです。話を戻しますが、気温も少しあがりこの季節は外でのお食事が多くなるかと思います。本日は「口から食事をするということ」について、誠に勝手な視点からお話をしたいと思います。

皆さんは、

「脳の中のこびと(ホムンクルス)」という言葉、聞いたことがありますか?1952年、カナダの脳外科医ペンフィールドは「手や足など、人間の身体のさまざまな部分の機能が脳のどの部分に反応しているか」を調べ表しました。その結果、脳の高次な機能を司る身体の各部を表した左図の模型を「ホムンクルス」と言います。人間のホムンクルスは、身体の形はとても歪んでいて、人差し指が大きく胴体は小さい。唇、舌がとても大きい。
実は動物でも人間と同じようにホムンクルスがありますが、ネコやネズミはヒゲに相当する部分がとても大きく描かれています。ホムンクルスを見ればその動物にとって身体のどの部分が大切なのかを知ることができると言われていまず。人間では指先、唇、舌・・・感覚器がとても重要な器官であることがよく分かります。

私は思いました。

「口から物を食べること」この感覚がいかに大切か。このホムンクルスの模型、大変面白いので一度みてください。


ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.25~3月号~

「STEM(幹)+A」とは?

STEM/愛媛経済レポート

 25回目、

このコラムも3年目に入りました。ひとえに読んでいただいている皆様、支えてくれている編集部の皆様、ネタを考えている時に後ろからアイデアを呟いてくれる(?)スタッフの皆のお蔭です。
公の場に文章を発信し続ける難しさ、情報の精度の吟味、未熟な私にとってこの2年間は大変勉強になりました。「追い込まれないと出来ない」意志薄弱な私は、クリニックのブログの更新(非強制)よりも経済レポート更新の方が回数が多くなりましたが(笑)。
さて、今回何を書こうかとペンを止めると(本当はPCです)、机の横には成毛眞さんの「AI時代の人生戦略」。なになにふむふむ(今回はこれを題材にしよう)。
出だしから飛ばしています。「あなたは人工知能やロボットに『使われる側』になりたいだろうか?」「私は文系人間だから、理数系の話は苦手」などと言っていられない時代がとうとうやってきた。シンプルに言おう!「STEM」を学べばいい!なにそれ????


「Science」(科学)
「Technology」(技術)
「Engineering」(工学)
「Mathematics」(数学)
の頭を取った略語でアメリカでは大事な教育用語として使用されるそう。これに「ART」の「A」を入れると「STEAM」。


恥ずかしながら初耳。

しかし私、この本を読んでこの単語、物事の本質を追う時にとても大事なことだなと感じました。
歯科医療もデジタル革命と言われ続け恐ろしい進化をしております。科学としての学問、技術とそれを活かすこと、そして芸術性・・・まさしく1歯科医師としての自分にとても良い刺激を貰えた本でした。オススメ。
「dental」と「artist」で「dentist」。「doctor」「engineer」「artist」から「dentist」。こじつけ(笑)。この気持ちで?連載頑張ります。

*参考文献「AI時代の人生戦略 成毛眞著」
ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.24~2月号~

治るには、二種類ある??

歯科治療/治るには二種類/愛媛経済レポート

2月も終わりですね。

寒さに弱い私は春が待ち遠しいです。本日のテーマは「治るには二種類ある?」。初診来院された患者様、継続してきてくれている患者様によくするお話があります。それは「治るには二種類」。こんな表現は学術的には間違った解釈だと思いますが、歯科治療を患者様にしっかりと理解していただくためのキーワードです。

まず風邪を想像してみてください。

風邪をひきました。大人しく寝ていました。そして回復。治った時には風邪をひく前の状態に戻っています。ここがとても大事。「健康→風邪→健康」。つまり健康と風邪の間は行ったり来たり、⇔相互通行(表現として正しいかは別)が可能なわけです。

一方、虫歯を想像してみてください。

虫歯になりました。削りました。詰めました。治療完了。治った時には、自分の歯の感染部分はなくなり、人工物が詰まってます。ここがとても大事。「健康な状態の歯→虫歯→人工物を詰めた虫歯の無い歯」。つまり「健康な状態の歯」と「人工物を詰めた虫歯のない歯」は行ったり来たりが出来ません。→の一方通行です。

元々健康な状態で生えてきた私たちの歯。

治療をするたびに詰め物が大きく、そして神経をとり最後には抜歯になる。「あ、私に当てはまってる・・・」そんな方いらっしゃいませんか?
歯は治療できる回数に限りがあるのです。大事なことなので繰り返します。風邪は健康に戻ることができます。虫歯の治療は健康な状態に戻りません。極端に言えば抜歯へ一歩前進するのみです。

(誤解してほしくないのは、治療をするなということではありません。放っておけば一方通行の→のスピードは時間を重ねるごとに加速していきます。)

治療が必要になった場合は、

一方通行の矢印→のスピードを限りなく遅く遅く、自分のライフステージに合わせて設計していくことが大事なのです。決して詰めて終わりではありません。
以上、「治るには二種類ある?」のお話でした。

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.23~1月号~

リスク管理と危機管理

リスク管理と危機管理/愛媛経済レポート

2017年になりました。

個人的に2016年という年は世界が大きく変わろうとしているなと感じる年でした。私、今年はもっと世界の中で日本のプレゼンスがあがるんじゃないか!・・・いや、上がって欲しいなと密かに期待しております。そういうノエルクリニックも開業4年目、今年も基本に忠実に頑張ります!
さて、企業経営でよく聞く「リスク管理」という言葉ですが、この考え方は、歯科でもとても大事なことなので取り上げてみました。

「リスク管理」は

英語で「RiskManagement」、「危機管理」は「CrisisManagement」。英語のニュアンスが既に物語っていますが、私は「リスク管理」とは「想定されるリスクが“起こらないように”防止策を検討し、実行に移すこと」、「危機管理」は「危機が発生した場合に、その負の影響を最小限にすること」とシンプルに理解しています。

歯科の世界では

今までどうしても「危機管理」にスポットが当たってきました。虫歯になってからの治療法や対処、インプラント等のアドバンスな技術も同じです。しかい「リスク管理」という視点から見たらどうでしょうか?
<例1>
あなたの右上の奥歯ですが、内側に入っているため磨きにくいうえに噛み合わせも悪いです。一度虫歯になって治しますよね?するとこのままでは再度虫歯になる見込みが高いです。それを防ぐためには・・・。
<例2>
左上の歯、5年は持たない可能性があります。そうなった場合○○が必要になるので、事前に・・・・―省略―。
この<例1><例2>の視点、考え方をかかりつけ医の先生と共有してはどうでしょうか?仕事でも重要なこの視点は、あなたのお口の中を守るためにとても重要です。最後になりますが私の大好きなセリフをどうぞ。


『そんな特別な治療を行わなくても、重症化を事前に予測してそのリスクをコントロールしたり、もっと単純な治療で事足りることの方が、「高度」で「先進的」と思わないかね?』

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.22~12月号~

震災後に肺炎が増える??

震災後に肺炎が増える/愛媛経済レポート

「震災後肺炎」

この言葉聞いたことあるでしょうか?東日本大震災発生時、私は東京で勤務しており発生時刻は診療時間の真っ只中、大きな揺れ(東京でさえ)とあのときの衝撃は今でも忘れずにいます。あれから5年以上・・・。熊本やその他の地方でも地震は起こり、発生時のリスク管理の大切さはメディアで大きな話題となりました。
何故私が今回この言葉を取り上げたのか?先日歯科医師会で外部講師を招いての勉強会で、糖尿病内科の先生の講演により初めて知り同時に皆さまに広げることがとても大切だと思ったからです。
実は昔から「震災時に肺炎が増えるらしい・・・」との仮説がまことしやかに囁かれていましたが、統計的なエビデンスに乏いのが現実でした。そこで、3・11の大震災により日本から世界に向けて震災後肺炎についてのレポートが出ることにになります。皮肉なことにこのレポートは日本ではほとんど広がっていません。

以下前述の資料(レポート)を佐藤が要約します。


資料では震災の前と後で肺炎が増えたかどうか?そして死亡率ではその場所に注目している。結果、震災後3ヶ月の間に、225名が肺炎で入院(肺炎増加)。意外なことに介護施設が肺炎死亡率としては最も多く、45%もの方が亡くなっている。施設に関しては2つの施設を引用し、1つ目の施設では125人のうち5人が肺炎を発症し全員が死亡、一方2つ目の施設では震災後肺炎での死亡者は0となっていることに着目。同じ気仙沼の同規模の施設を比較し何の違いがあるのかを調査した結果、後者の施設では地元の歯科と連携し、利用者の口腔内の状態を定期的にチェックしてリスク管理および震災後の口腔ケアの徹底を行っていた。


東日本大震災で経験したように、震災、時には様々な憶測や風評被害が飛び交います。しかし事実として大事にしなければならないリスク管理の一つが口腔ケアの徹底。平時からの歯科定期通院と口腔感染制御の実践が大事。緊急避難袋には家族全員分の歯ブラシを!
以上現場からのリポートでした。

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

診察室では伝えきれないこと Vol.21~11月号~

「歯はみがいてはいけない」

歯はみがいてはいけない/愛媛経済レポート

この衝撃的なタイトルに惹かれて、思わず手に取りました。

「いやいや、そんなハズないでしょ」と思いながら読み進めてみると・・・。
今回のコラムは「歯は磨いてはいけない 森昭 講談社」について、不詳私佐藤が感想を述べさせていただきます。文字数の制限があるので先に結論を・・・「みなさん、この本絶対にオススメです」。

 今までこのコラムで度々触れてきました

「予防という考え方、概念」「リピートレストレーションサイクル」スウェーデンの歯科治療」「歯科治療費について」その他・・・。引用文献や言い回し等は違うかもしれませんが、ほとんど載っています。読み進めていくうちに私もビックリしましたが、同時に「やっぱり歯科医師の本音はこうだよなー・・ふんふん」なんて思いながら。
もちろん全ての意見が一致する訳ではなく、私と違う部分もありますが細かいこと抜きに「健康、歯を守っていく」ための根っこの考え方、これを是非みなさんに感じて貰いたいと思いました。
見つけるのは虫歯や歯周病ではなく、リスクだということ!口の中がどれだけ全身に繋がっているのかということ!

後書きも印象的です。

「50歳になって、本当に歯科医師になってよかたと思う。私はどうすれば自分の歯を守れるか知っています。同世代のほとんどの方が、口の中にトラブルを抱え、将来に不安を抱えていることを思うと、私は歯科医師になって本当にラッキーだった」と。
どうです?読んでみたくなりませんか?最後になりますが誤解のないように一つだけ!
「歯は磨いていいんです!歯磨きしなきゃだめです!ただし、目的をしっかり認識して」

ノエルクリニック心臓血管外科 歯科

5月のお知らせ

5月のお知らせ

 

           4/29(土)・4/30(日) 休診

           5/1  (月)・5/2  (火)    通常診療

           5/3(水)~7(日)   休診

           5/13(土)       歯科のみ午後休診

           5/31(水)       通常診療(振替)

 

  ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。